ラム

2016年12月

第2回 四季折々のカーケア法【冬編】

洗車&コーティングの“匠”こと徳永恒士が、寒い季節ならではの車のお悩みをコラムで解決。第2回目は“冬編”です。

年末の洗車は早めの予約を

年末は年の一度の大掃除シーズンです。皆さん、窓ガラスやガレージなど1年の間に溜まってしまった汚れをきれいさっぱりにして、新年を迎える準備をするのではないでしょうか。車も同じように、年末にコーティング・洗車を業者に依頼する人も多いのでは?

年末ギリギリになってお店に飛び込むのは、予約のお客様で埋まってしまっているお店としては対応しきれず、お断りすることもあるので事前に予約をして頂くことがお勧めです。できれば12月に入ってすぐ、年末の洗車予約をして頂いたほうが良いかもしれません。

では、冬に起こりがちなトラブルについてお話しましょう。

冬の大敵は凍結防止剤

冬ならではのトラブルとして、スキー場や雪国に行って来られたお客様の車によく見られるのが凍結防止剤の影響です。

凍結防止剤は道路の上にまいて雪を溶かしたり、路面が凍らないよう防ぐことができますが、基本的な成分は“塩”なので長期間放っておくとボディの下回りにくっ付いて真っ白になり、いずれは錆びてしまいます。
スキー場などから帰って来たら、すぐに洗い落とすよう心がけて下さい。

しばらく時間が経ってしまって凍結防止剤の影響が出てしまった場合でも、カーケアポートに車を持って来ていただければキレイに除去致します。
個人的にお勧めしたいのは、凍結防止剤のダメージを受ける前にボディのコーティングをしておくこと。これが車を傷めないための最適な方法ですよ。

氷でボディに傷がつく

もう1つ、冬に意外とやってしまいがちなのが、寒い場所に行った際、ガラスやボディに凍りついてしまった氷を無理やり剥がしてしまうこと。
これをやってしまうと、硬い氷を引きずってガラスやボディに傷をつけてしまいます。

カーケアポートでは、氷などでついてしまった傷を丁寧に磨いてコーティングするなど、症状に応じて問題解決。自己処理せず、まずはご相談下さい!

想像以上にシートは汚れています

車のボディはこまめに洗車するお客様でも、つい後回しになってしまいがちなのが車内の清掃です。
年末に車をクリーニングなさった方で、「車内が見違えるほどきれいになった!」と驚かれる方はとても多いんですよ。

つまり、車内は皆さんが思っている以上に汚れが溜まっているということなんです。

例えばシートがホワイトレザーの場合は、茶色くなったり黒くなったり。
すぐに目で見て確認できますが、基本的に車の内装は、汚れが目立たないよう黒など暗い色が基調となっている場合が多いですから、ホワイトレザーで確認できるような日常の汚れが、当然、黒いレザーや布のシートにも付着していると思えば、それがどれほどの汚れか想像していただけるのではないでしょうか。

試しに中性洗剤を薄めた水を使って布で軽くふき取っていただければ、約1年ぐらい掃除をしていない場合は布が真っ黒になるはずです。
シートは直接肌に触れる場所ですから、こまめに汚れをふき取ることがお勧めですし、どうしても1年に一度になってしまう方は、ぜひ私共プロの手に委ねて下さい!

お客様のご意向を汲める職人でありたい

カーケア業者は、とことん自分の技にこだわる、これぞ職人!という人もいれば、チェーン展開をして規模を広げることに長けたビジネスマンタイプもいるなど、何をもってナンバー1とするかは難しい世界です。

そんな業界の中に身を置いている私が、いつも意識しているのは“職人”として洗車・コーティング技術を追求することと、“お客様のご意向”に沿ったサービスを提供してご満足いただくこと。この2つのバランスをとることにおいて、ナンバー1であろうと心がけています。

なぜなら、技術を向上させることでお客様に満足していただくことはもちろん、逆の視点から「どうすればお客様が満足するだろう」と考えることで自分自身の技術が上がる、そういった相乗効果が生まれるからです。

今後の取り組み

洗車・コーティングを追求すればするほど、作業の基本である“洗剤”へのこだわりが強くなってきているので、今後はメーカーさんと相談をしながらオリジナルの洗剤を開発するのが、今後の目標です。
これだ!と満足いく洗剤ができれば、今よりもっとクオリティの高いサービスが提供できますし、近隣の同業者と比べて「カーケアポートは一味違う!」とお客様に言っていただけるのではないかと思います。

日々の取り組みとしては、常に「お店改革するぞ!」という気持ちで新しいものをどんどん取り入れ、年に一度、年末のシーズンにご利用になるお客様に「去年よりクオリティが上がっている!」と実感していただけたら嬉しいですね。

トップへ

カーケアポート LaLaport YOKOHAMA
▲クリックで別ウィンドウ表示します

有限会社プルーフ

代表者
徳永 恒士
設立年月日
2006年4月1日
資本金
4,600千円
従業員数
35名
事業内容
自動車のクリーニング業 バレーサービス業務
住所
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1
西立体駐車場1F

お問い合わせはこちら